ROMANTIST TASTE

この羽よりも軽いもの?

「9999」発売

THE YELLOW MONKEY19年ぶりの新アルバム「9999」を手にした。

3年前の再集結からずっと早く新アルバムをと願って来たけれど、

待ち遠しかったのは勿論だったが実をいうと、

今現在のTHE YELLOW MONKEYが世に送り出すアルバムというものが、

もし自分の望むものでは無かったら?という不安もあった。

そして再集結後に発表された楽曲が多く収録されていることが、

アルバム全体としてどうなのだろう?

浮いてしまっていないだろうかなどと案じていた。

杞憂だった。

まず一曲目「この恋のかけら」。

2000年に出されたアルバム「8」のラスト「峠」から

辿り着いた曲。

「峠」は、これまで私のTHE YELLOW MONKEY最愛曲ベスト3の曲だ。

満身創痍の身体で焼野原を歩み去っていく4人の男達の

モノクロームの情景をずっと心に刻み付けてきた。

「この恋のかけら」に描かれている”冬になると・・・行き止まりになる”道。

でも”春になると・・・人だかりができる”道。

富山にもある。大きな木々の向こうには遥か険しい剣岳がそびえ雪に閉ざされる。

でも春から夏には、称名滝を訪れる人々で賑わう。

もうモノクロームの世界ではない。

厳しい自然の中に生きている人間のぬくもりと息づかいを感じる。

そのことがとても嬉しかった。

2曲目「天道虫」

改めて格好イイ。ここに入っていて違和感がないのが凄いと思った。

3曲目「Love Homme」

流石吉井節!ライブ映えするだろうなあ。

4曲目「Stars(9999 Version)

「Stars」は、あまり思い入れのない曲だったのだけど、

アルバムの中でここにあると印象が変わった。良いじゃないか!

「Breaking The Hide」

菊地英昭エマの曲。エマが作った曲で吉井和哉の紡ぐ詞。

これを待っていた!

「ロザーナ」

既存の曲がアルバムにあって浮いてない。しっくり来ている。

これに感動。

「Changes Far Away」

”Changes Far Away

忘れないで

遠くにあるのはきっとキレイな月”

思いがけずここで涙してしまった。

ありがとうございます。柔らかな心を取り戻せそうです。

「砂の塔」

ドラマ主題歌として作られたというのに、

バンドやメンバー個々や聴いている我々自身にも

当てはまるような不安や葛藤を投げかけてくる曲。

この曲が生まれたのは大きいと思う。

「Balloon Balloon」

歌詞といい曲といい弩ストライク!これぞ待っていた!

iTunesでバッキングトラックを聴いたが、最高だ。

「Horizon」

この曲に出会えて幸せです。

活動休止発表、解散宣言、あの時の辛さを乗り越えて、

メンバーそれぞれの動向に一喜一憂して、

気づけば19年?長いようでもあり短いようでもあり、

ずっと私にはTHE YELLOW MONKEYが支えでした。

「Titta Titta」

私も”魔法の呪文”唱えます。

「ALRIGHT」

3年前初めて「ALRIGHT」に触れられた時の、

世界が鮮やかな色に変わったあの衝撃、喜びの大きさは、

言葉に尽くせません。

「ALRIGHT」を聴くと元気になれるんです。

「I don‘t Know」

歌詞もメロデイも演奏も何から何までど真ん中。

ドラマ主題歌だけじゃない強さを持った曲だと思う。

総括

「9999」は、THE YELLOW MONKEY史上最高のアルバムだ!

 

 

 

「THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・29 -FINAL-」

生配信を観ることが出来た。
黒のスパンコールにサングラス姿の吉井和哉が画面に映し出される。
一曲目のイントロ、電子音?
“人工的な秘部(皮膚)”「ジュデイ」だ!
衝撃が襲う。
メカラウロコ8のオープニングのあの「ジュデイ」では、
あんなにも張りつめて危うくて怖くさえ感じたこの曲が、
今はこれほど迫力ある妖しさ満点に鳴っている。
続いて「サイキック No.9」。
間に「A HENな飴玉」「Oh! Golden Boys」を挟んで、
「STONE BUTTERFLY」
「DEAR FEELING」
GIRLIE」と続く。
「8」の楽曲たちだ。
2000年、スプリングツアーの頃に私が感じていた不安感、
アルバム「8」発売、
スリリングだった夏フェス達、活動休止発表の驚き。
そして迎えたメカラウロコ8大阪ドームと東京ドーム。
「8」の頃感じた混沌がグワーッと押し寄せてきた心地がした。
けれど、2018年、今のTHE YELLOW MONKEYが奏でる
「8」の曲達にもうあの悲壮感は感じなかった。
やっぱり凄く好きだ。
長年私が抱えてきた怨念にも似た情念がただ純粋な愛に
昇華できたように思えた。
「埴輪」と「土偶」の違いをEMMAさんとアニーが解説してくれて、
銀テープが飛んで、そのしょーもなさに、
これぞTHE YELLOW MONKEY!と、ほっこりしていたら、
いきなりのイントロにズギュン!
「遥かな世界」。
私は、どれほどこの曲を生で聴きたかったことだろう!
何度もここに書いて来たけれど、
我愛するTHE YELLOW MONKEYベスト3の曲。
「遥かな世界」「球根(BLUB)」「峠」。
「球根はこれからも聴けることはあるだろう。
「峠」は、もうないかもしれないと思う。
「峠」の情景が年月を経て、メンバーの旅を経て、
「Horizon」へと繋がったのではないかと感じているから。
PC越しではあるけれど、「遥かな世界」を聴けて
本当に幸せだった。
昭和のシャッター街の曲が続く。
「I CAN BE SHIT,MAMA」大好きだ。
「天道虫」これは威力のある曲だ。
113本全部で演ったという「離れるな」。
欲を言えば、EMMAさんとロビンの頭ぐりぐりが見たかった。
アンコールの一曲目、「毛皮のコートのブルース」。
ここに持ってくるとは、憎いねえ!
最後の最後に新曲「I don’t know」。
これは凄く惹きつけられた。
また昔のように歌詞を書き起こして、
何度も何度も味わいたくなる曲だと思った。

FINALと名打たれたメカラウロコに参加することが出来ない事を
悲しんでいたけれど、生配信して下さって本当に感謝です。
私にとっては、これが最高のメカラウロコだと断言出来ますので、
どうか一日も早く円盤化して下さい。
お願い致します。


1. ジュディ
2. サイキック No.9
3. A HENな飴玉
4. Oh! Golden Boys
5. STONE BUTTERFLY
6. DEAR FEELING
7. GIRLIE
8. This Is For You
9. DONNA
10. 仮面劇
11. 遥かな世界
12. 月の歌
13. 薬局へ行こうよ
14. I CAN BE SHIT, MAMA
15. 天道虫
16. 甘い経験
17. SUCK OF LIFE
18. 離れるな

ENCORE

19. 毛皮のコートのブルース
20. 街の灯
21. 真珠色の革命時代 (Pearl Light Of Revolution)
22. おそそブギウギ
23. アバンギャルドで行こうよ
24. 悲しきASIAN BOY
25. I don’t know

[THE YELLOW MONKEY][吉井和哉]「天道虫」

まずは、吉井和哉さん、52歳のお誕生日おめでとうございます。
スマホサイトを覗いてみましたら、たしか以前は、
お誕生日を祝われるなんて嫌いだと仰っていた筈なのに、
今年は『さぁ!とことん祝ってください!(笑)』と
書かれてあって非常に驚きました。
おお!時は流れた!

私は、家庭の事情でこの先、THE YELLOW MONKEY
ソロ吉井和哉も各メンバーの活動も
生LIVEへは参加できない身の上になって仕舞いましたが、
先日発表された「天道虫」を聴いて、
「待っていたのはコレだ!」ととても嬉しく思いました。
近々告示されるはずの新アルバムへの期待が
益々高まりました。
ゴリゴリのヘヴィーなサウンド。格好良すぎです。
天道虫=太陽へ向かって飛ぶ虫。
「天道虫」といえば、2001年東京ドームでの
「メロメ」を思い出します。
『雪が溶けなきゃ良いな』と仰っていたあの冬の歌。
“猛毒の花びらの上で
 行きづまる天道虫は
 背中の星はがしながら街を出たのに”
今回の「天道虫」は、ギラつく太陽の夏のイメージですね。
深夜ドラマ『天 天和通りの快男児』の主題歌だそうですが、
実際、麻雀を題材にした歌詞が並んでいるけれども、
ドラマを観ていない私からすると、
THE YELLOW MONKEYというバンドそのもの、あるいは
吉井和哉という存在、もっというなら私達一人一人にも
向けた歌詞であるのだろうと感じました。


”誰の肩に止まるかな くるくる廻る天道虫”
言い伝えでは、天道虫が誰かの肩に止まったら、
その人の持つ痛みや悩みを持って行ってくれるのですって。


いつか真っ赤な天道虫が私の肩にも止まると良いなあ。

[吉井和哉]「Island」

吉井和哉の新曲「Island」を生で聴きたいと強く思った。

私は、今現在、茨に捉われてしまっているから。
『嘘みたいな現実』に身動き出来ないでいるから。
楽しみにしていた吉井和哉ソロLIVEへは行けなくなった。
悲観的な事を言いたくはないが、
この先私がTHE YELLOW MONKEY吉井和哉のLIVE会場へ
行く機会は、もう訪れないかもしれない。
仕方ない。誰のせいでもない。
誰かのせいにしちゃいけない。
♪誰のせいにもしないって♪
もう一度生で、「SWEET CANDY RAIN」聴きたかったなあ。
アルバム『SOUNDTRACK〜Beginning & The End〜』
発売前、野沢雅子さん、DAIGOさん、山田孝之さん、
栗原類さんが朗読された歌詞を知って、
この「Island」の世界観に強く惹かれた。
実際吉井和哉の歌うこの曲を耳にして、心撃たれた。
暗闇に差し込む一筋の光。
今の私には、「希望」とまでは、言えない。
微かな安らぎ、癒し、救いであるのかなあ。
いつか『名前のない島』に行けたら良いなあ。

現実逃避に過ぎない儚い夢かもしれないけれど、
『名前のない島』への憧れを持つことで、
言うなれば「生きる糧」を授けられた思いがした。
大袈裟に思われるだろうけれど、
私にとっては、これが現実だ。
人生何が起こるか判らないのだ。
“後悔ないように”しとかなくちゃいけないんだよ♪ 


SOUNDTRACK~Beginning&The End~

SOUNDTRACK~Beginning&The End~

[THE YELLOW MONKEY][吉井和哉]THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017 12月10日

BSスカパー映像を見た。
一曲目は「ジュデイ」かと予想していたので
「 WELCOME TO MY DOGHOUSE」が鳴り始めて驚いた。
けれど2001年1月8日東京ドームでのラスト曲が
これだった事を思えば、「成程!」とも感じた。
続いて「パール」「ロザーナ」・・・
新旧取り混ぜての曲達をヴォーカル吉井、
ギターエマ、ベースヒーセがそれぞれアリーナ中央に設けられた
花道を縦横無尽に繰り出してパフォーマンスする。
時折スクリーンに映し出されるドラムスアニーの雄姿に
ときめかされる。
中盤、スクリーンに映し出された砂嵐と共に奏でられ始めた
「天国旅行」は圧巻だった。
続いてストリングスが入って
「真珠色の革命時代〜Pearl Light Of Revolution〜」
17年経って再び吉井とエマとのシンクロの場面を見られて
胸が熱くなった。
「SUCK OF LIFE」での絡みは、なくなって仕舞ったけれども、
このシンクロ場面とかで二人がちょっと照れくさそうに、
ふわっと柔らかく微笑みあっている姿を見ているこちらは、
最高に幸せだと感じた。
「太陽が燃えている」のスクリーン演出が凄すぎて苦笑した。
更に「世界のおねえさん」登場の「 LOVE LOVE SHOW」!
外人美女軍団におずおずと絡んでいく吉井が微笑ましかった。
活動休止時にあんなにほろ苦く感じた「プライマル。」が
こんなに明るく希望を持てる曲になるなんてねえ。
新しい命が吹き込まれたのだねえ。
『皆さん に聴いてもらいたいけど 一人一人に今日は歌います。』
解散が発表された年の2004年12月26日「メカラウロコ15」で
一曲だけ演奏された「JAM」。
あの日の東京ドームで聴いた「JAM」は、
『4人が演奏しても今まで聴いた「JAM」とは別物だ。
もうTHE YELLOW MONKEYは終わりなのだ。』と
引導を渡された思いがした。
あの時吉井は、“yeah yeah yeah yeah yeah
i'm A Dreamer Are you Dreamer”を何度か繰り返し客席に
歌わせて、たったひとこと『そのままずっと歌っていて下さい』と
述べてあっさり退場していった。
解散の挨拶も何も無しで、「JAM」一曲のみで。
『そのままずっと歌っていて下さい』とは一体どういう意味だろうと
私たちは大いに戸惑った。
あの時の日記にも書いたけれど、私は私なりの解釈をした。
曲は、バンドだけのものじゃない。
私たちが大切な大好きなTHE YELLOW MONKEYの歌をこれからも
「ずっと歌って」歌い続けていれば、
この曲はずっと続いていく。生き続けていける。
これからも精一杯愛していこうと思った。
あれから13年経ってこの東京ドーム2日間で「JAM」を演奏して、
ようやくTHE YELLOW MONKEYは、リベンジを果たせたのだろうと思う。
あの「メカラウロコ15」でも「JAM」を聴いて、
そして今再び東京ドームで「JAM」を体感出来た人たちは、
さぞ感慨深かっただろうなあ。
私も画面越しではあるけれど、じんと来た。
この日のLIVEで私が一番感銘を受けたのは、
アニメーション映像の「Horizon」から
「SO YOUNG」だった。
「Horizon」が生演奏でなかったのは残念だけれど、
THE YELLOW MONKEYをめぐる全ての人達、
ファンだけでなく勿論メンバー自身へ向けられているであろう
穏やかで優しく力強い愛の光を感じた。
私は、「峠」の情景を思い浮かべた。
トラウマになるくらいに辛く厳しい曲だととらえる人も
あるようだけれど、私は、心からこの曲を愛している。
私の中で「峠」と双璧である「球根」の
壊れそうになった世界で唯一信じられる「おまえ(達)」と
荒野をただただ歩いていく。
そういう光景を思い浮かべた。
「峠」をいつの日かまたLIVEで聴きたい。見たい。
長年THE YELLOW MONKEYの葬送の曲だと感じてきた
「SO YOUNG」がもう悲しい曲ではなくなった。
「衰えを感じつつも夢を追い続ける限りいつまでも青春!」という
気概を歌う曲になった。
来年は、新アルバムが制作されるのだそうだ。
新生THE YELLOW MONKEYは、一体どれほど物凄いものを
聴かせ魅せてくれるのだろう。
楽しみでならない。

[THE YELLOW MONKEY][吉井和哉]映画『オトトキ』


映画「オトトキ」予告編を見た。
ピンクスーツにゆるふわ長めヘアーの吉井和哉が映っていた。あれは何だ?
どうやら渋谷 La.mamaで行われた無観客ライブの映像らしい。
久々にときめいた。
この映画「オトトキ」が初公開されるのは、第22回釜山国際映画祭。 
『10月12日に釜山シネマセンターで開幕式が行われ、
主演のTHE YELLOW MONKEYと松永監督がレッドカーペットに登場、
翌13日のワールドプレミア上映後に舞台挨拶登壇予定。』なのだそうだ。
レッドカーペットを歩くTHE YELLOW MONKEYの4人は、
さぞ格好良いことだろう。
映画を見るアジア諸国の方々は、どういう感想を抱くのだろう。

THE YELLOW MONKEYのファン以外の人々にも」というのなら、
尚更あの「4Pしようぜ。」の文字と4分割のカットが気がかりだ。
何故あれなのだろう。
「オトトキ」に込められた意味は、映画を見れば判るのだろうか。
正直、「SHOW MUST GO ON」で良かったのにと思っているのだけれど。

田舎暮らしの私には、到底映画館で観ることは叶わないので、
DVD発売まであとどのくらい待てば良いのだろう。長いなあ。

「家の都合など、そんなの知ったこっちゃねえ。」などとは、
言えやしない無力な身の上なので、ファンクラブ限定ライブツアーはおろか、
東京ドームライブにも行けはしない。
こんなのでもファンと名乗って許されるのかしら。
でもねえ、ライブに行けなかった長い間も、
CDやライブビデオ(DVDに変わる毎に買い替えて)を
繰り返し繰り返し堪能し続けて生きて来た。
ドキュメンタリーという形でTHE YELLOW MONKEYを世に知らしめるというのは、
大切なことなのだろう。
けれど、新生THE YELLOW MONKEYの新しい音源がまだ出せないというのなら、
せめて昨年のツアーDVDを早い段階で出して欲しかった。
「私の初日」など、各々が自分の中に保存しておけば良いのだと思う。
面倒くさいファンでごめんなさい。


THE YELLOW MONKEY映画が釜山国際映画祭に、予告編も公開(動画あり) - 音楽ナタリー

[THE YELLOW MONKEY][吉井和哉]ファンクラブ名称

THE YELLOW MONKEY公式サイトにて、ファンの皆が応募した
ファンクラブ名称の中からいくつかが最終候補として選定され、
投票受付が開始された。
当然、「ペチコートレーン(スーパー)」が含まれているものと
信じ込んでいたから非常に驚いた。
募集開始直後私は、
『「ペチコートレーン」会員であることが私の誇りでした。
ですから新しいTHE YELLOW MONKEYのファンクラブは、
どうぞ「Petticoat Lane Super」であって欲しいと思います。』
と、応募した。
出来れば、フォントも、旧字体であって欲しいと願っていた。
ペチコートレーンを応募した人は、多かったのだろうと思うのになあ。
Petticoat Laneは、本当に素晴らしいファンクラブだった。
ズシリと重い会員番号が刻印されたキーホルダー。
二か月に一度届く会報。年賀はがき、カード。最後のころはCDだっけ。
そして会員更新すると送られてくる歌詞付きの下敷き。
今のファンクラブには、紙会報どころか会員番号すら無いのだものね。
考えてみれば、この状態で「ペチコートレーン」と
名づけるのには、違和感があるかもしれないね。
8つ挙げられている最終候補名、
応募してくださったファンの方達には申し訳ないのだけれど、
正直悩むなあ。
どれかに投票したいので、もう少し悩んでみます。