ROMANTIST TASTE

この羽よりも軽いもの?

せつなさ爆弾

Twitterで2010年7月の
続・「LOVERS ON MAIN STREET」という記事について
書いて下さった方がいて、久方ぶりに
この「LOVERS ON MAIN STREET」を聴いたら、
切なさ爆弾が炸裂してしまった。凄い威力だ。
当時からこの歌詞が何とも言えず切なくて、
郷愁があって大好きだったけれど、今あらためて聴くと、
発売時には気付かなかった事が、理解出来るようになった気がする。
“ 乾いた心に水滴が広がる
 裂く日をじっと待って果物ナイフのように
 踏まれた果実の敵をとらなきゃ
 魂のリンゴの皮をむくその日まで”

『踏まれた果実』
『魂のリンゴの皮をむく』
この「LOVERS ON MAIN STREET」の歌詞は、
この曲が正式に発売された2010年の10年前に
作られたものだという。一度は、発売中止になったものが
2010年の発売に合わせて、改めて歌入れをされて日の目を見た。
長い時を経て、2011年に、
「The Apples」と「After The Apples」、
そして映像作品としての「LIVE APPLES」、これから発売される
「BLUE APPLES」に繋がっていくのだと思うと、
とても感慨深い。
Apple(リンゴ) って、心臓っていう意味もあるのだってね。
固く閉ざされた『魂のリンゴの皮』を剥いて、
『清らかな血を流して』、
吉井和哉は、瑞々しい果実を誕生させたのだね。

歌詞検索で出てこないので反転させます。

LOVERS ON MAIN STREET 作詞:吉井和哉

ブラジル色の雨と 人々の谷間が
この街に散らばった悲しいシナリオ 映し出す土曜日
君はどこにもいない 僕は身体だけだ
もっと強くなるんだ 眠らないんだ
ヘラヘラ笑うなよ
いつからか裏通りが 賑やかになってきた
カラフルなビルの中 入ったけど何も無かった

アフリカ色の愛が 絶滅してしまった
もっと早く気づけよ 誰が悪いんだ
ボロボロこぼすなよ
寂れてた裏通りが 賑やかになってきた
思い出のあの角を 曲がったけど何も無かった
灰色の空は今 審判の真っ最中
いつか君に逢えたら 朝靄のいつものカフェで
コーヒーをおごるから

乾いた心に 水滴が広がる
裂く日をじっと待って 果物ナイフのように
踏まれた果実の敵をとらなきゃ 
魂のリンゴの皮をむくその日まで

いつからか裏通りが 賑やかになってきた
ビニールの傘をさし 人々が溢れてきた
僕はこの裏通りで  清らかな血を流し
いつか君に逢えたら 朝靄のいつものカフェで
コーヒーをおごるから


CYCLE OF BIRHTH

CYCLE OF BIRHTH